このサイトについて

はじめまして。
このサイトをつくった SAI(さい)です。
子供英語のSAIママ

男の子2人のママでもあります。
このサイトは
「はじめて英語教材を子供にプレゼントしたいんだけど、たくさんありすぎて迷っちゃう」というママさん、保護者さんのために作りました。

英語教材をえらぶヒントになれば幸いです。


<英語に関する気持ち>
私自身、高校生16歳のころから英語の勉強を始めて、出産して家庭に入るまでず~っと英語の勉強を(ほそぼそとですが)し続けてきました。
でも、どんなに頑張っても、どうしても「発音の壁」「イントネーションの壁」を越えられずに苦しんできました。
おそらく大人から英語勉強をはじめた、ほとんどの人が同じ壁にぶちあたり、挫折していったと思います。

実は、この英語の発音、英語のイントネーションを覚えるには0歳~6歳までという小さい子供のほうが適しているのです。

子供は聞いたものをそのまま、口に出します。
試しに子供に “Apple” “Orenge”  といった英語を聞かせてみてください。おそらく私たちが中学校のころに勉強した「アップル」「オレンジ」とは発音しないはずです。 
子供たちはもしかすると「アッパー」「オージ」など、大人からすれば何を発音しているのか、まったく分からない言葉をいうかもしれません。

 “聞いたまま口にだす”
そう! それこそが子供たちの英語に対する最大の武器なのです!

ちいさな子供にとって、
日本語も英語も、覚える過程はおなじなんです。

私たちの子供も2歳までは何をしゃべっているか全く分かりませんでしたよね? 
“あーうー” “ぶっぶー”などからはじまって
きちんと意味が分かる単語を話すまでは、とても大量の会話を見聞きしているはずです。

もし、あなたが自分の子供に英語を覚えさせたいと願うならば、楽しい英語教材を使って、たくさんの英語とふれあうチャンスを与えてあげてはいかがでしょうか? 私たちのその思いは決してムダにはならないと信じています。



< 私の英語履歴 >
中学校では英語がまったく覚えられず、英語テストは20点があたりまえ! 大嫌いだったエイゴ。
   ↓
高校では一念発起! ECCに通い、英語科のある大学受験をめざす。
   ↓
某短大英語科にめでたく合格! 2年間英語理論や英会話を勉強
   ↓
オーストラリアに短期留学(ワーキングホリディ)
   ↓
某メーカーの貿易部に勤める
(対海外営業ではなく一般事務。実際に仕事で英語を使用したのは海外からの電話取り次ぎ、簡単な貿易書類作成程度です)
   ↓
出産退職。現在にいたる。

※当サイトの個人情報、免責、動画著作権についてはこちらの「個人情報&免責」のページをご覧ください。

======================================
当サイトのRSS配信につきまして
======================================
最近、RSSで取得した本文をつかってコピーサイトをつくられてしまう、という問題が発生しております。そこで読者の方には申し訳ないのですが、2010年4月よりRSS配信は「全文配信」から、「一部のみ抜粋して配信」に変更させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ