『英語であそぼプラネット』はNHKのテレビ番組と同じなの?

“「英語であそぼ」ってNHKテレビ番組でもやってるよね。
           だったらわざわざ高いお金だしてDVDを買わなくてもいいんじゃないの~?”


これ、誰しも一度は感じたことのある疑問ではないでしょうか。
私もDVDの内容はどうなってるのかな、と思っておりました。
すると、ちゃんと「英語であそぼプラネット」の案内ダイレクトメールに答えがのってましたよ♪
旺文社 えいごであそぼ PLANET 正規店 http://item.rakuten.co.jp/eigodeasobo-s/


えいごの疑問
 Q.「英語であそぼプラネット』は
    現在放送されているテレビ番組と、どうちがうのですか? 


A.DVDのうち、2011年度現在、Eテレで放送されているのは「えいごふだ」のみです。

それ以外のDVDは、2010年度まで放送されていたものから、とても人気のある映像をあつめました。ケボ&モッチによる“UP/DOWN”,“OPEN/CLOSE”などの対比懸念キーワードを見られるのはプラネットのDVDだけです。

DVD以外の教材はすべて、NHK番組「えいごであそぼ」のコンセプトに基づき、家庭であそべるように新たに開発・デザインされたものです。番組監修者であるスズキ佑治教授が「えいごであそぼプラネット」も監修なさっています。
              (上記は、2011年12月発行のDMパンフレット内、Q&Aより抜粋しました)

つまり、
2011年末現在、テレビ番組と「英語でプラネット」の内容がかぶっているのは「えいごふだ」のアニメだけということです。
「わざわざセットを買わなくてもテレビを見せておけばいいわ~」って考えるのはNG!実はプラネットのDVDセット内容はまったく違うということです。

逆にテレビ番組は英語あそびの予習や復習として別にみせるのがオススメです。
NHKのテレビ番組にも、ゲボとモッチという共通のキャラクターがでてくるので、これを利用しないのは損。
もし「英語であそぼ プラネット」を購入しようと考えているなら、
テレビのほうもみせることで子供もよりいっそう興味をもってくれやすいかな、と思います(^v^)

結論!

DVD「えいごふだ」アニメ以外はまったく違う内容です。
ですから「テレビでやってるし、買っても内容がかぶっているしもったいないわ~」ということはありません。
逆に自宅は自宅で「英語であそぼプラネット」グッズでしっかり英語あそびをして、「ほら、ケボ&モッチがここにもいるよ~」とテレビも見せることで、より子供が英語に親しみやすくなるはずです。
相乗効果(そうじょうこうか)が見込めると思いますよ!
■2012年9月追記■
ケボ&モッチのキャラクターはテレビ番組では交代しました。現在のテレビ版では別のキャラクターにかわっています。エリックさんは健在です^^


※その他のQ&Aはこちらの公式サイトで確認してくださいね。
もし知りたいことが載っていない場合でも公式サイトから問い合わせれば親切に教えてもらえますよ♪
⇒当サイトの旺文社『NHK 英語であそぼプラネット』の総合評価はこちら

(PR)


Related posts:

このページの先頭へ