小学校英語指導者資格のとり方

小学校英語指導者資格とるためにはJ-SHINEが認める講座やコースを一定のレベルで修了したあとで、J-SHINE主催の特別セミナーを追加で2日間受講する必要があります。

2010年8月現在、J-SHINEが認定している講座はだんだんと増えてきています。

J-SHINE認定 講座コースの種類

(1)通信講座

紙テキスト講座と、PCを使ったオンライン講座があります。どちらも自宅で、細切れ時間を活用してうけられます。介護中・育児中・ワーキング中など、個人の都合にあわせた学習ができます。一番ポピュラーで人気のある方法です。

◎メリット…費用が安い、早くとれる、自分のペースで学習できる
●デメリット…さぼりがちになる、飽きてくる

(2)スクール通学コース

大きな英会話スクールには専用のコースがあります。日本人講師に習うか、ネイティブに習うかで費用はかなり変わるようです。時間と費用に余裕があるOL・会社員に人気の方法となります。

◎メリット…直接指導がうけられる、仲間ができる
●デメリット…費用が高い、通学するのが手間、近くにスクールがない、時間がかかる

(3)海外短期留学

半年~2年程度、海外の児童英語教師養成コースを受講した後に日本で資格認定セミナーを受けるコースです。留学先はオーストラリア、シドニー、カナダが多いです。

◎メリット…自分自身のリフレッシュ、英語ヒアリング力アップ
●デメリット…費用がかなり高額(30万円~)、実際に教えるのは日本の生徒なのでギャップがある、時間がかかる

次のページでは具体的なオススメスクールリストを紹介いたします。
⇒(4)小学校英語指導者資格がとれるスクールリスト (通学・通信) を読む

このページの先頭へ