児童英語教師の収入・年齢 実態アンケート

◆児童英語教師をやってる人の年齢は? 男性でもやってる人はいるのかなあ?
⇒ 9割以上が女性です。平均年齢は30代前半~40代前半。

具体的には35~39歳が一番多く、全体の約3割という結果になりました。
また、ほとんどの人が既婚者で子供がいる人も全体の約7割。 かなりの人が家庭と仕事を両立させながらがんばっているようですね。


◆児童英語教師の収入が知りたいッ ズバリ月収はどれくらいなの?

⇒  月3~10万円が中心

もちろん働き方によってまちまちですが、自営の人は月に5万円以内が多く、フランチャイズは3~7万円、民間教室では7~10万円に。学校や教室の常勤スタッフとして働く人の中には、20万円以上と答える人、小学校教員や英語教室の主宰者で30万円以上という人もいました。最高額は生徒250人を持つ自営の先生で、150万円というスゴイ人も! 自分で英語教室をひらくなら、抱えている生徒数が収入に直結してくるようですね。

思った良い収入が低い…と感じた方もいるのでは? しかし子育てをしながら、できる職業としてはやっぱり根強い人気があります。また“子供が手を離れたらもっと教室を大きくして、収入もUP”ということも考えられますよね。あなたのライフプランの変化にそって、自分の人生をデザインしていける仕事といえるでしょう。


◆児童英語教師をやってて大変なことはある?

⇒ 1位  生徒集め
  2位  教師になってからの指導方法
  3位  家庭との両立

・「生徒集め」は無料体験レッスンを企画するだけでなくその後も葉書でフォロー、また英語サークルをつくったりと、コツコツとした地道な努力が必要なようです。

・「指導方法」については、友人の子供に実験台になってもらい無料レッスンを行い自信をつけたという方も。

・「家庭との両立」はフランチャイズ研修時など自分の子供の預け先に苦労することがやっぱり多いようですね。託児所の料金がかかりすぎることもあるようですが、それをバネに「絶対、児童英語先生になってやる」と気力でがんばった例もみられます。


◆児童英語教師をやってみて、一番嬉しいことはなに?

⇒ 1位  英語教育を通じて子どもの成長に関われること
  2位  子どもたちと接することが、自分自身の成長にもつながる
  3位  家庭と両立しながら、自分の能力を生かすことが可能



※アンケート結果はアルクサイト上のデータを参考にさせていただきました。
アンケート調査方法と回答者内訳は次のとおり…アルク発行メールマガジン「子ども英語せんせいマガジン」等で告知、web上で回答。回答者251名。 アルク月刊誌『子ども英語』定期購読者へ発送。回答者155名。合計406名。
 

このページの先頭へ