ベネッセ『ワールドワイドキッズ』資料請求あとの、勧誘電話情報

参考記事:『『ワールドワイドキッズ』無料DVD感想レビュー』 

“ワールドワイドキッズは、しつこい電話勧誘なんか無いんだな~、”
と思っていたら無料DVDを請求してから1カ月後という、忘れたころに電話がありました!
というわけで、今回はワールドワイドキッズイングリッシュの勧誘電話情報についてお伝えしたいと思います。


<勧誘電話の詳細>
この日ふと携帯をみると、見慣れないフリーダイアル(0120…)の電話番号の着信表示が。
とりあえず出てみると…
(会話の内容は、実際とは少しちがっています。私が覚えている情報をもとに再構成したものです。以下、ワールドワイドキッズ→WKEと表現しています)
Worldwide Kids English無料絵本
セールス:こんにちは。先日はWKEの資料を請求いただいてありがとうございました。無料DVDはお手元に届きましたでしょうか?

私: ええ、届きました。



最初に「お時間いいですか?」と確認されたあとに、資料が届いているかどうか、観たかどうか、子供の年齢ををきかれました。

それにしても今回のセールスもセサミ英語ワールドの勧誘電話と同様、年配の女性。やはり子供教材という特性上、電話はすべて女性なのでしょう。
ですが、今回私があたったWKEのセールスレディ、感じは悪くないものの、あんまりお話が上手ではない方でした。


セールス:DVDをご覧になってお子様の反応はいかがでしたでしょうか? 気にいっていただけましたか?

私:そうですね、とても楽しめました。でもやっぱりお値段が安いものではないので、すぐには決められないんですけど…。

セールス:確かにすべてを受講いただくと教材費は189000円となります。ですが小学校入学まで使えますので、トータル的なコストとして考えると納得いただけるお客さまが多いようです。


購入の意思はありますか? みたいなニュアンスがあったので「値段が安くないので」と言葉を濁すと、“もし英会話スクールに通わせたら、これだけかかるので、それを考えるとかなりお得ですよ!”といったセールストークに入ってしまいました。

また教材のメリットとして、

 ・パペット人形を一緒に使うことによって、ごっご遊びを通して英語環境の疑似体験ができる(人形で英語をつかって遊びましょう、ということ)
 ・教材は毎月届くシステムなので新鮮味がある。
 ・ママと英語にふれながらいつのまにかネイティブの子供と同じレベルになれますよ。

といったポイントも強調してました。



セールス:お届けする教材のなかには、ネフ社のカラフルな積み木もふくまれているんですが、一般で買うと1万円いたします。
自分で遊んでいるうちに、英語も覚えていけます。
DVDだけでなく、こういったエモーショナルトイ(おもちゃ)にも、教材価値がとても高いと思いますよ。

私:なるほど~、そうですね。


ワールドワイドキッズの勧誘電話では、
「セサミ英語ワールド」のときのように電話口でサンドボードのような教材音声を聴かせてもらうことは出来ませんでした。
また、教材体験会にも申し込んでいるのに、そのことには一切ふれてきませんでした。おそらくそういった情報がセールスにまわってきていないのでしょうね。


そのうちセールスも私のことを「この人は今は買う気がないんだな」と感じたようで、
最後はとっても早口に^^;


セールス:それではまた何かありましたら、フリーダイヤルのほうにお願いします。それではありがとうございました。失礼いたします。


ささっとお決まりの言葉を口にして、勧誘電話が終了しました。
時間は11分ほどで長くもなく短くもなく。
セールスが一方的に話してたような感じですが、それほどしつこい勧誘はありませんでした。

電話がかかってきても、もし購入するつもりがないのなら、
最初に「今は決められません」「購入する気はなくなりました」とはっきり言えば、しつこくされることもないでしょう。

Related posts:

One Response to “ベネッセ『ワールドワイドキッズ』資料請求あとの、勧誘電話情報”

  1. […] ベネッセ『ワールドワイドキッズ』資料請求あとの、勧誘電話情報 […]

コメントを残す

このページの先頭へ