子供むけ英語教材セットがとても高い3つのワケ

子供英語教材ってとても高いとおもいませんか?
例えば子供英語教材で有名な「ディズニー英語システム」なら一式60万~70万(一部バラ売りもあります)、私が体験取材した「ワールドワイドキッズ」でも一式19万円ほどします。

「子供むけの簡単な内容ばかりなのに、こんなに高いなんて」
「こんなにするなら、無料のNHKの英語番組を見せておくわ」

な~んて声がたくさん聞こえてきそうです(^^; )
そこで今回は
子供むけの英語教材はどうしてこんなに高いのか? についてお伝えしたいと思います。


■高価な理由 その1■  オリジナル商品
ここで紹介している幼児の英語教材セットは、英語の専門家が作っています。数人(もしくは数十人!)の幼児英語のスペシャリストが何カ月(もしくは何年!)もかけて研究してきたのが、この英語教材たち。「どうやったら日本の子供が、英語を楽しく覚えられるのか?」といった方法がたくさんつまっているのです。

例えば、あなたが本屋で英語のDVDを買ってきたとします。たいてい1本3千円程度ですよね。それを子供にみせます。子どもは何回もみます。楽しみます。・・・ですが子供は「あ~このテレビは楽しかったな」で終わってしまう場合もあるでしょう。

一方英語教材セットなら、DVDを見て楽しむ⇒ DVDと連動した内容の、今度は英語カード(もしくは絵本)をさわる、言葉をおぼえる ⇒自動発音装置(トーキングシステムなど)できれいな発音を覚える… 
という具合にすべてが1本のDVDと細かく連動してつくられているのです。
ですから先程の「本屋でDVDを買う」だけよりも、子供は楽しみながら、英単語や英語文化を自然と覚えていくことでしょう。

つまり、コースの英語教材は英語の作り手たちによる、細かな気遣い、英語を楽しんでほしいという願いが、それぞれの教材にこめられているのです。


■高額な理由 その2■ 広告・宣伝費

どんなに素敵で、効果的な英語教材をつくっても、誰もしらなければ売れませんよね。それでは英語教材の会社は困ります。
そこで子供がみても楽しいホームページを作ったり、体験教室を開催したり、無料DVDを配ったりしているわけです。
また不安に思う親御さんのために無料電話相談を受け付けているところもあります。
またディズニーやセサミといった既存のキャラクターを教材に使う場合は、そのキャラクターを作ったひとに「使用料」を支払う必要があります。

こういった費用も、すべて英語教材のコースに上乗せされていると思って間違いないでしょう。

 
■高額な理由 その3■ 信頼性とアフターフォロー

例えば、あなたが本屋で英語DVDを買った場合。「子供に見せたけども、効果がなかった」「買ったものの、使いこなせていない気がする」という時があるかもしれません。ですが購入した本屋などにこういった疑問や不満をぶつけることは出来ませんよね。
ですが、当サイトで紹介している子供英語教材セットのほとんどには、親ごさん向けの「メールカウンセリング」「電話カウンセリング」がついてきます。
あなたの悩みをいつでも相談できるはずです。
それから購入後7日間は商品を返品することもできます(クーリングオフ制度・未開封など一部条件あり)

また当サイトでは「旺文社」「アルク」といった昔から親しまれている大手会社の英語教材のみを厳選して紹介しているのですが、大手の会社はなによりも「信頼性」「ネームバリュー」を重んじます。たとえば詐欺まがいの英語教材を販売してしまえば、“世間から信用を失い、結局は会社の利益にならない”ということを老舗の会社は十分わかっているはずです。ですから先ほどもかいた、「アフターフォロー」「カウンセリング」「返品制度」にもかなりの予算をさいていることでしょう。

どうですか?
なぜ英語教材セットが高額なのか納得できたでしょうか。

よい英語教材セットは英語の家庭教師をやとうのと同じだと、個人的には思います。

ですが、もしあなたが「理由1」「理由3」のサービスに魅力を感じないなら、わざわざ安くはない教材セットを選ぶ必要はないでしょう。
▼セットでなく、単品で選びたいならこちらが参考になるかもしれません▼
>>ベビー&キッズ向け英語・知育教材専門店「Chaoone!」
(クリックで別サイトにとびます)

▼私のおすすめ!ワールドワイドキッズ
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

Related posts:

One Response to “子供むけ英語教材セットがとても高い3つのワケ”

  1. […] ディズニーキャラクターの使用料」にもありそうです。 (参考コラム:子供むけの英語教材セットがとても高いワケ) その代わり「DVDだけ」「DVDを抜いたセット」など、全部を一度に買 […]

コメントを残す

このページの先頭へ