“バイリンガルの子供は、高い会話能力がある”論文発表

この度バイリンガルの子供に関する新しい論文が発表されました。

2つの言語を話すバイリンガルの子供は
1つの言語を話す子供に比べて、
会話を理解する能力が高いとの論文を、
板倉昭二京都大准教授(発達科学)や英シェフィールド大のマイク・シーガル教授らの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。
(3月8日配信 産経新聞より)


比較したのは4~7歳の子供たち。
英国に住む日本語と英語のバイリンガル33人と、日本語だけを話す日本在住の55人。イタリアでは、ドイツ語とイタリア語を話す36人と、イタリア語だけを話す41人を比べた。

具体的なテスト内容は、子供たちに人形劇のDVDを見せ、人形たちが話すセリフがおかしいかどうか? 変なことを言っていないなどうか? という方法をとった。(つまり、セリフに対する理解度や感受性を求めているのでしょう)

その結果、バイリンガルのグループのほうが、より、おかしなセリフ、変なセリフに敏感だという結果がでた。

 今回の結果についてテストを行った板倉准教授は
「バイリンガルの子供は2つの言語を介して異なる文化を学んでおり、より多くの経験を積んでいるため、会話への感受性が高いのではないか」と話している。
ヤフーニュース「バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表」より一部抜粋しました。

(PR)

Related posts:

3 Responses to ““バイリンガルの子供は、高い会話能力がある”論文発表”

  1. […] This post was mentioned on Twitter by SAI@子供英語教材. SAI@子供英語教材 said: サイトを更新しました♪: “バイリンガルの子供は、高い会話能力がある”論文発表 http://eigo5.com/bairingaru- […]
  2. 竹山 より:
    興味深いリサーチの報告ですね。ありがとうございます。ただ、概して 2ヶ国語を習わせる家庭のバックグランドは上流階級なので、そのほかの部分についても教育に熱心なのかなとも思いますが。。
  3. コメントありがとうございます。

    >概して 2ヶ国語を習わせる家庭のバックグランドは上流階級なので、
    >そのほかの部分についても教育に熱心なのかなとも思いますが。
    なるほど、その意見も一理ありますね。今回の論文対象の子供たちの家庭環境についてはまったく触れられていませんでした。
    確かにプリスクール(英語の幼稚園)などに通わせるにはかなり費用がかかります。私立の幼稚園が平均月額3万円なのに対し、プリスクールは月額8万円以上が目安でしょうか。

    ですが、養育者が英語準2級程度あれば、日本在住で、インターナショナルスクールに通っていない子供でも、家庭学習だけで十分バイリンガルになれるようです。
    (例えば5歳~小学生低学年で英検2級に受かるようなお子さんもいます。親子英語ブログ集「ブログ村」には、そういった親子を実際に何人かおみかけします)

    自宅学習であれば、年収300~400万円の中流家庭でも、金銭負担はそんなにないと思うのですが、いかがでしょうか。

    (ただし、高額な費用はいらない代わりに養育者の時間と手間はすごくかかっているはずです。専業主婦といった養育者でなければ無理かもしれません)

コメントを残す

このページの先頭へ